[発表] パナソニック LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100 発売

アイキャッチ画像 New

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

はじめに

パナソニック株式会社は、ルミックス フルサイズミラーレス Sシリーズ用
交換レンズ、S-E100を2024年2月15日より発売します。

パナソニック LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100 [Amazon]

デジタル一眼カメラ用交換レンズ(単焦点マクロレンズ)
LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100

メーカー希望小売価格:134,200円(税込)
公式通販サイト価格:120,780円(税込)
※2024年1月20日現在

最短撮影距離:0.204m
最大撮影倍率:1.0倍
絞り羽根枚数:9枚
外形寸法:最大径Φ73.6mm、全長約82.0mm(先端よりレンズマウント基準面まで)
質量:約298g(前後キャップ、フードは含まず)
付属品:フロントキャップ(Φ67mm用),リアキャップ,レンズフード

レンズ構成

01
パナソニック LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100
レンズ構成

MTFチャート

02
パナソニック LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100
MTFチャート

世界最小・最軽量 中望遠単焦点マクロレンズ

中望遠マクロレンズにおいて世界最小・最軽量※1を実現
ダブルフォーカス構成と非球面レンズ3枚の新たな光学設計に加え、新開発デュアル
フェイズリニアモータの採用により圧倒的な小型・軽量化を可能にし、世界最小・
最軽量※1を実現しました。

※1 AF対応フルサイズミラーレス用交換レンズ、焦点距離90mm以上の
  等倍マクロレンズにおいて。2024年1月9日現在。パナソニック調べ。

03
パナソニック LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100
外観

デュアルフェイズリニアモータ(Dual phase linear motor)

リニアモータの高速、高精度、静粛性等の特長はそのままに、同体積比で
従来型リニアモータの約3倍※2の推力を実現する新型アクチュエータです。

※2 S-E100の場合。当社従来型リニアモータ(ボイスコイルモータ)比。

フォーカスリミットスイッチ

レンズ鏡筒には、フォーカスリミットのスイッチを備え、
「FULL/0.5m-∞/0.204-0.5m」の切り替えを行うことで
被写体距離に合わせたフォーカス範囲での撮影が可能です。

04
パナソニック LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100
フォーカスリミットスイッチ

防塵・防滴※3仕様

幅広いシーンにも対応できる防塵・防滴仕様※3により機動力のある撮影が可能。
天候など環境に左右されることなく、突然訪れる数少ないシャッターチャンスを
捉えることができます。

また、水滴やほこりなどから大切なレンズを守ります。

※3 パナソニック製防塵・防滴対応カメラボディに装着時。防塵・防滴に配慮した構造に
  なっていますがほこりや水滴の侵入を完全に防ぐものではありません。

05
パナソニック LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100
防塵防滴シーリング

マイナス10℃の耐低温設計

雪山やゲレンデなどの寒冷地でも撮影可能な、マイナス10℃の耐低温設計を実現。雪や氷の美しく幻想的な世界も、新たな作品として残せます。

以上画像を含め全てメーカー製品ページより

最後に

100mmマクロだから長い鏡筒だと思いこんでいたのですが、まさかのF1.8単焦点
レンズシリーズ(18,24,35,50,85mm)と同一サイズとは驚きました。

マクロレンズが必要な場合は、アライアンスを組んでいるシグマの105mmマクロを
すでに使っているでしょう。

そこで同じような物を出しても売れない訳で、F1.8単焦点シリーズとサイズ
合わせをすれば軽く、小さく、インパクトがあり、このシリーズは
重心バランスがほぼ揃っているのでジンバル使用勢にもアピールできる。

もちろんカメラ内部補正をしているでしょうが、設計にはかなり苦労したでしょう。
でかくて高性能なレンズもいいですが、軽くて小さく気軽に持って行けるレンズを
好む層も必ずいる訳で、シグマの105mmマクロと棲み分けができていて
個人的にはこのマクロレンズ、非常にいいと思います。

パナソニック LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100

!注意!

発売前の情報のため、予告なく変更になる事があります。

当サイトの情報等を元にした損失、損害については一切の責任を負いかねます。
また、当サイトは、製品紹介にアフィリエイト広告を利用しています。
記事で紹介した製品を購入すると、広告主から当サイトに報酬が
支払われることがあり、この広告収入は主にレンタルサーバーや
ドメイン料金に使われ、運営を行っています。

コメント