Godoxのストロボアクセサリーアダプターリング S-R1 を買ってみた

アイキャッチ画像照明関連

Godoxの S-R1 ラウンドヘッドアクセサリーアダプターリングとは?

AD200の交換ラウンドヘッドH200RやV1専用のアクセサリーキット
AK-R1(ディフューザードーム、ディフューザープレート、フィルター
フィルターホルダー、ハニカムグリッド、バウンスカード、バーンドア
スヌートのセット、下画像参照)

01 Godox AK-R1

このラウンドヘッド用アクセサリーを一般的な長四角型ヘッドの
ストロボで使うためのアダプターです。

GODOXのV860II、V850II、TT685、TT600シリーズだけでなく、ヘッドに
このアダプターが付けば他社製品でも使用可能。

S-R1の箱と外観

段ボールの箱に入っていて、箱サイズ約105x100x高さ42mm

02 Godox S-R1 箱

説明書はありません。

クリーニングクロスが入っていましたが、販売店によると思います。
このクリーニングクロスはおまけの割に厚手で大きく(約195mm角)
今までで最高品質の物と感じました。

03 Godox S-R1 箱開け

さて肝心のアダプターリング S-R1ですが、上のノブを回すことによって
滑り止めのゴム板付きストッパーが上下してストロボのヘッドを
挟み込んで固定する方式で、下側も同じくゴム板が貼ってあります。

04 Godox S-R1 ストッパー上下

S-R1に取り付けできるストロボのサイズ

他社製品にも使えるとなると気になるのがどの大きさまで
固定できるのかですが、まずはS-R1の開口部は下画像の通りで
およそ高さ49mm、幅62mm。

固定できるストロボヘッドサイズは高さは約42~55mmで幅はTT685
取り付け時に左右へ各3mmほど余裕があるのでヘッド左右のRにも
よりますが、約82mm程度までは入ると思います。

05 Godox S-R1 寸法

S-R1をTT685に付けてみる

TT685のヘッド先端、中央には少々膨らみ(画像矢印部分)
があるのですが

06 Godox S-R1 TT685膨らみ部分

S-R1のノブを回すと上下するストッパー部分にも逃げが作ってあり
画像の通りTT685の膨らみにフィットするようになっています。

また、S-R1のノブが邪魔な場合はノブを下にしても特に
問題無さそうです。

07 Godox S-R1 TT685ストッパー部分

前から見るとこんな感じ。

08 Godox S-R1 TT685取付け

もっと寄ってみます。

09 Godox S-R1 TT685取付けアップ

S-R1をTT685に着脱していて気になったのが左右のガタというか
もっと大きいヘッドが付く余裕分があるので毎回TT685を
センターに合わせるのが面倒くさい。

出来ればヘッドがすっとセンターに収まって欲しいので
近々軽く切った貼ったするだけのプチ改造をする予定。
さらにヘッドが小さくてこのS-R1が付かないGODOXのTT350に
取り付ける改造もしてみましょうかね?

関連記事
Godox S-R1 アダプターのストロボセンタリングを楽にするプチ改造
Godox S-R1 ストロボアダプターを改造してTT350に付けてみる

Godox S-R1 ラウンドヘッドアクセサリーアダプターリング AK-R1と使用 [Amazon]
購入価格税込み¥850-

!注意!

当サイトに掲載している製品は個人的に購入、使用、計測(計算値も含む)した物で
同じ製品として販売していても個体差、使用感覚の個人差、計測誤差、製造時期等
により掲載している内容とは異なる場合がありますので了承ください。

コメント